頬の毛穴の開きを治すには

MENU

頬の毛穴の開きを治すには?乾燥肌を改善して毛穴の開きを治す!

保湿をしてもお肌が乾燥するのはなぜ?

毛穴の開きを治す化粧品,ランキング

皮膚が引っ張られて頬の毛穴の開きを感じるのは、角質層の水分が不足していることが原因で起こります。

 

毎日化粧水でたっぷり保湿しているのに浸透しづらかったり、毛穴の開きが改善しないように感じるのは、肌が乾燥して硬くなっているためです。

 

そもそも乾燥していないお肌というのは、皮脂や、角質細胞間脂質の一種セラミドや、天然保湿因子(NMF)が十分にあり、角質層に水分が万遍なくキープされている状態をいいます。逆を言えば、この皮脂、セラミド、NMFといった成分が不足しているためにお肌は乾燥してしまうのです。

 

間違ったお手入れ方法が乾燥肌を招く

毛穴の開きを治す化粧品,ランキング

日本人のお肌は、おでこや鼻のTゾーンはべたつくのに、目元や頬、口元がかさつくという混合肌の方が多いようです。

 

どちらかというと、しっとりタイプの化粧品よりはさっぱりタイプの化粧品を好む方が多く、これを長く続けているため、慢性的なお肌の乾燥を招いていることがあります。

 

また保湿=化粧水というイメージを持った方が多いのも、乾燥肌で悩んでいる方によくある勘違いです。化粧水はほとんど水分でできているため、それだけではすぐに蒸発してしまい、お肌に水分を保つことはできません。化粧水の後は、クリームや美容液で皮膚の表面にしっかり蓋をするケアをすることが本当の保湿です。

 

乾燥による毛穴の開きでお悩みの方も、こうした間違ったケアを続けているためになかなか毛穴の開きが治らないといった方も多いようです。

 

頬の毛穴の開きを治すには

毛穴の開きを治す化粧品,ランキング

お肌が乾燥すると、頬の毛穴が開いたりするだけでなく、バリア機能が低下して敏感肌になったり、シミやくすみなど、さまざまな肌トラブルをもたらします。

 

これらを改善するためにも、乾燥肌を根本から治していきましょう!

 

まずはお肌に刺激の少ない石けんタイプの洗顔料を使い、よく泡立ててましょう。ごしごしとこすらず、指の腹でやさしく洗い、流します。このとき熱いお湯を使うのは厳禁です。必ずぬるま湯で洗うようにしましょう。

 

 

洗顔後は化粧水で水分を補給して、セラミドを配合したクリームや美容液でしっかり蓋をします。こうすることで水分の蒸発を防ぎ、お肌の保水力を高めることができます。

 

またピーリングを行うと、残ってしまった古い角質が落ち、保湿成分が浸透しやすくなるので、週に一度スキンケアに取り入れてみましょう。

 

乾燥による頬の毛穴の開きに効果的な化粧品はこちらで紹介しています。

頬の毛穴の開きを治すには関連ページ

毛穴の角栓を取る方法
気になる毛穴の角栓。特に鼻の毛穴の角栓でお悩みの方は多いようです。自分の判断で行う毛穴ケアでは毛穴の角栓は取れないどこか、かえって肌を傷つけることもあります。正しい毛穴ケアはこちらです。
小鼻の毛穴の黒ずみをとる方法
小鼻の毛穴の黒ずみをとる方法ならこちら!クレンジングや洗顔料でごしごししても落ちない理由があります。